樽床伸二 official website

樽床伸二 official website

メッセージ

一強の政治は傲慢となれ合いを生み、国民生活はおざなりにされるばかりです。
何でも“多数決”で押し切るのは、民主主義ではありません。
与野党は対立ではなくお互いの意見に耳を傾け、議論を尽くし、譲歩し合う。
このような関係を新しい政治体制では確立しなければなりません。
これまでの幾多の経験を生かし、党利党略ではなく、国民本位の政治を全身全霊で実行してまいります。
今後ともご指導ご鞭撻、よろしくお願いします。

理念ヘッダーイメージ

理念

報われる、よろこびある社会のために。人口を1億人に下げ止め、安定した活力ある成熟社会の実現将来に夢を描けない、未来が不安だから子どもは人口を1億人に下げ止め、安定した

私の主張ヘッダーイメージ

私の主張

【緊急対談】vs村井嘉浩(宮城県知事)
「樽床伸二は、新しい流れ、政界再編のキーパーソン!」


樽床: ご無沙汰です。村井さんの宮城県知事とし...

>>続きを読む

プロフィール

プロフィール画像1
プロフィール画像2
昭和34年
8月6日生まれ、寝屋川市立西小学校、第5中学校、明星高校を経て大阪大学経済学部を卒業 学生時代は、サッカー部(中学)、硬式野球部(高校・大学)とスポーツに熱中。
昭和57年
(財)松下政経塾入塾(3期生)。故松下幸之助の思いに共鳴し、将来の政治家を目指し扉をたたく。
平成2年
衆議院選挙に初出馬(落選)。
平成5年
衆議院選挙に初当選(日本新党)。以来連続4期当選。
平成21年
衆議院選挙に当選(5期目)。
平成22年
民主党代表選に出馬。しかし 129票を得るも惜敗。党国会対策委員長就任。
平成23年
党幹事長代行就任。
平成24年
総務大臣就任。内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、地域主権推進)、地域活性化担当 
平成24年12月
衆議院選挙惜敗。
平成28年4月
民進党を離党。無所属として一からの出直しをはかり再出発。
平成29年9月
政界再編のうねりの中、「希望の党」へ
平成29年10月
衆議院議員選挙に当選(6期目)

政策

党派を超えた連携、協力が行われる政治の実現を

経済でも外交でも世界と競う時代に、小さな党利党略にとらわれることはナンセンスです。
党派を超えて連携、協力が可能な風通しのいい政界を築きます。

  • 報われる、
    よろこびある社会のために

  • 人口を1億人に下げ止め、
    安定した活力ある成熟社会の実現

    将来に夢を描けない、未来が不安だから子どもは持てない…。そんな声に応え、子育て世代を積極的に支援します。安定と希望が根づく、本当の成熟社会の創造へ。

  • 地域主権の実現

    分権型道州制を敷くことで、現在の偏った東京一極集中を解消します。 各地方がそれぞれの個性を活かして自立・繁栄し、豊かにうるおう地域主権をかなえます。

  • 経済的格差の解消

    現在の日本は経済的格差の拡大が問題視されています。バランスある社会に是正し、圧倒的多数である中間層の視点での施策に重点をおきます。

  • 活力ある少子高齢社会

    世界の主要国は今後、少子高齢化に向かいます。そのトップランナー国として模範を示す施策を実施。消費税は軽減税率をベースに、完全目的税化を実現。少子高齢化対策に役立てます。

  • 生涯現役社会

    平均寿命世界一という現状を前向きに捉えて、「生涯現役社会」を実現します。画一的で「ひと」を見ない一律定年制を廃止し、生き生きとやる気のある方が生涯活躍できる社会へ。

  • クリーンエネルギー
    先進国・日本をめざす

    世界最先端の省エネ技術を活かし、地球温暖化問題を解決。家庭用蓄電池の普及や電力の地産地消をかなえて、原発に頼らなくても困らないエネルギー先進国をめざします。

  • 健全外交・安全保障

    グローバリゼーションによって、テロや紛争も身近に。他国に侵略することなく、国民の生命と領土を守る健全な外交・安全保障で、子どもたちに平和な未来を残します。

  • 憲法については、現実路線で熟慮する

    現行憲法を護りながら、時代の要請や諸外国との関係性を見据えて、新たな条文を付け加えるなど、逃げずに論議し、現実的な対応を可能にします。

ページのトップへもどる