樽床伸二 official website

私の主張:日々の気づきや、アイデアなどを政治・経済にかかわらず樽床伸二の考えを綴って参ります。

【緊急対談】vs村井嘉浩(宮城県知事)
「変化への対応」を痛感し、再スタート
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」⑤
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」④
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」③
アーカイブ・8年前の今日の私  11月16日
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」②
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」①
アーカイブ・8年前の今日の私  11月2日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月26日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月18日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月17日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月3日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月2日
国家戦略としての放送コンテンツの海外展開⑧
アーカイブ・8年前の今日の私  9月29日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月28日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月27日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月26日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月25日

アーカイブ・8年前の今日の私  10月18日

明治維新(3) 大久保利通

私が政治家として最も尊敬する人物は大久保利通である。
西郷隆盛と比べ、地味で、暗さが付きまとうのが後世の評価であるが、大久保利通なかりせば明治政府は成り立たなかったと考えている。倒幕の立役者の一人でもあり、なおかつ新政府を創り上げた最大の功労者である。
政治は、権力によって国家を良い方向に持っていかねばならない。しかも、「今、何をしなければならないのか。何をしてはならないのか。」さらに「将来、何をしなければならないのか。そのために、今、何をしなければならないのか。」を、現実の中で実行するしなければならない。
それをなし得たのが、維新の時の大久保利通であったと考えている。官僚機構を作り上げたのは、大久保であり、それを山県有朋が受け継いでいった。と言われている。ゆえに、大久保が暗殺されなければ、より以上の官僚国家になっていたと言う人は多い。しかし、私は、その逆で、大久保が暗殺されなければ、もっと早く民主国家になっていたとさえ思っている。
歴史に「もし」はないが、歴史の面白さは、明治の三勲といわれた「大久保利通、西郷隆盛、木戸孝允」がほぼ同時期(明治10年前後)に世を去ったことであろう。
「時代が人を生み出し、時代が人を葬っていく」

2006.10/18  樽床伸二

ページのトップへもどる