樽床伸二 official website

私の主張:日々の気づきや、アイデアなどを政治・経済にかかわらず樽床伸二の考えを綴って参ります。

【緊急対談】vs村井嘉浩(宮城県知事)
「変化への対応」を痛感し、再スタート
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」⑤
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」④
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」③
アーカイブ・8年前の今日の私  11月16日
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」②
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」①
アーカイブ・8年前の今日の私  11月2日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月26日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月18日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月17日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月3日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月2日
国家戦略としての放送コンテンツの海外展開⑧
アーカイブ・8年前の今日の私  9月29日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月28日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月27日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月26日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月25日

アーカイブ・8年前の今日の私  10月2日

明治維新(2) 坂本龍馬

明治維新は、薩長同盟の実現によって成功したと言われている。その薩長同盟を実現させたのは坂本龍馬であり、今でも最も人気がある歴史上の人物である。
その坂本龍馬は、明治時代は殆ど忘れられたと言うか、知られざる人物であったようである。司馬遼太郎が『龍馬が行く』でスポットライトを当てたのが決定打であったと聞く。
それはともかく、坂本龍馬については多くの人が語っているので、私は一つの思い出を。
今から25年前、松下政経塾の入塾試験で、
「坂本龍馬のように、たとえ溝に倒れようとも、最後まで前向きに、前のめりに倒れる人生を送りたい。」
と言ったことを思い出している。
それが実行できているかどうか。常に思い返していきたい。

2006.10/2  樽床伸二

ページのトップへもどる