樽床伸二 official website

私の主張:日々の気づきや、アイデアなどを政治・経済にかかわらず樽床伸二の考えを綴って参ります。

【緊急対談】vs村井嘉浩(宮城県知事)
「変化への対応」を痛感し、再スタート
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」⑤
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」④
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」③
アーカイブ・8年前の今日の私  11月16日
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」②
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」①
アーカイブ・8年前の今日の私  11月2日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月26日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月18日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月17日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月3日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月2日
国家戦略としての放送コンテンツの海外展開⑧
アーカイブ・8年前の今日の私  9月29日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月28日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月27日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月26日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月25日

アーカイブ・8年前の今日の私  9月28日

大手だけの景気回復

先週述べたが、日本経済についてもう一言。
景気が良くなっているとマスコミは伝えているが(私もピークは過ぎたとの認識ではあるが)、地域で政治活動をしている中ではなかなかそうとは思えない。恐らく一部の大手企業の数字が良くなっているだけで、地域を支えている中小・中堅企業まで良い影響が波及してはいないのであろう。
さらに、かつては大手企業が良くなれば時間差はあってもそれが中小まで流れてきたのであるが、昨今は、大手だけで止まり、中小まで波及することが極めて少なくなったと考えられる。それどころか、かつては中小の領域であったところまで大手が侵食してきており「大手は良く、中小は悪い」ということすら発生していると考えられる。
日本経済の構造と言うか体質と言う何かが変わってきているのであろう。

2006.9/28  樽床伸二

ページのトップへもどる