樽床伸二 official website

私の主張:日々の気づきや、アイデアなどを政治・経済にかかわらず樽床伸二の考えを綴って参ります。

【緊急対談】vs村井嘉浩(宮城県知事)
「変化への対応」を痛感し、再スタート
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」⑤
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」④
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」③
アーカイブ・8年前の今日の私  11月16日
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」②
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」①
アーカイブ・8年前の今日の私  11月2日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月26日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月18日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月17日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月3日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月2日
国家戦略としての放送コンテンツの海外展開⑧
アーカイブ・8年前の今日の私  9月29日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月28日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月27日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月26日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月25日

アーカイブ・8年前の今日の私  9月26日

記憶  2/18・7/18・9/11

私はこれまで6回の衆議院選挙を戦ってきた。結果は、落選・当選・当選・当選・当選・落選である。
それぞれの投票日で、その日時を覚えているのが、最初の落選の2/18、初当選の7/18、昨年の落選の9/11である。他の当選した時の日時は正確には覚えていない。7月だったとか、11月だったとかぐらいである。
つまり、初当選は別にして、落選、つまりは失敗した時しか記憶に残っていないのである。人の心の状態はそんなものであろう。
旨くいった時より失敗した時が大事なんだろう。
今のこの時を大切にしていきたい。

2006.9/26  樽床伸二

ページのトップへもどる