樽床伸二 official website

私の主張:日々の気づきや、アイデアなどを政治・経済にかかわらず樽床伸二の考えを綴って参ります。

【緊急対談】vs村井嘉浩(宮城県知事)
「変化への対応」を痛感し、再スタート
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」⑤
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」④
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」③
アーカイブ・8年前の今日の私  11月16日
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」②
政治評論家・有馬晴海 「樽床伸二を語る」①
アーカイブ・8年前の今日の私  11月2日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月26日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月18日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月17日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月3日
アーカイブ・8年前の今日の私  10月2日
国家戦略としての放送コンテンツの海外展開⑧
アーカイブ・8年前の今日の私  9月29日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月28日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月27日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月26日
アーカイブ・8年前の今日の私  9月25日

アーカイブ・8年前の今日の私  9月25日

明治維新

明治維新は現在を生きる多くの人にとっては、歴史上の偉業である。しかし、以前にこのブログで取り上げた勝海舟の『氷川清話』では、明治の時代よりも江戸時代のほうがいい時代であった感覚で述べられていた。それはともかく、歴史は常に「現代」によって創られるので、そんなことは些細なことであろう。
維新を成し遂げたグループは、最初は「開国」に反対し、尊王「攘夷」であった。しかし倒幕の後、結果は尊王「開国」になったのである。そして、国策は「富国強兵」である。言いたいのは、「開国」に反対し、結果は「開国」、ということである。批判しているのではなく、維新前夜においても、試行錯誤が繰り返されたことである。
「開国」を強い反対を押し切って実行したのは井伊直弼であった。その彼は、歴史の上においては、安政の大獄を推進した汚名を着せられているのである。井伊直弼がいて、初めて維新の推進者たちが登場してくる舞台が作られてのかもしれない。とすれば、井伊直弼は吉田松陰と同等に評価されてもよいのかもしれない。

2006.9/25  樽床伸二

ページのトップへもどる