樽床伸二 official website

私の主張:日々の気づきや、アイデアなどを政治・経済にかかわらず樽床伸二の考えを綴って参ります。

「平成30年度国家予算」を考える②
「平成30年度国家予算」を考える①
【緊急対談】vs村井嘉浩(宮城県知事)
「省エネ大国・日本」を目指して!
「格差の拡大」は、国を滅ぼす!
~「働き方改革」から20年後を展望する~
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-36 政権交代と結果責任
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-35 世代交代とは
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-34 保守とは?
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-33 消費税を、「年金・医療税」に!‐Ⅱ
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-32 消費税を、「年金・医療税」に!
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-31 憲法改正は加憲方式で
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-30 地球温暖化問題は、未来への責任
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-29 新時代のエネルギー戦略
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-28 日本経済の構造は激変した‐Ⅲ
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-27 日本経済の構造は激変した‐Ⅱ
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-26 日本経済の構造は激変した
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-25 人口減少社会という新しい時代の中Ⅱ
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-24 人口減少社会という新しい時代の中で
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-23 地域主権型道州制」の実現は、大阪から

『21世紀・日本再生論』(2015・12)⑱ 人間は自然の一部、自然環境との調和を

『21世紀・日本再生論』(2015・12)⑱
『この国の未来を創る―過去を乗り越えて―』(平成15年)

人間は自然の一部、自然環境との調和を

かつて、環境が問題になることはなく、誰もが見向きもしなかった。しかし、近現代の科学技術の進歩、文明の進化のマイナス面も含めて現在は大変重要なテーマになっている。環境問題について考えるときに「われわれ人間は自然環境の一部である」というのが、私の発想の原点である。
人類は生物である。地球上のひとつのパーツに過ぎない。たまたま他の生物より知恵があって、自然に敵対し、自然に打ち勝とうという誤った考えを抱いたことがあった。だが、どこまでいっても自然には勝てない。台風に勝てるか、勝てるわけがない。太陽に代わるエネルギーを発見できるか、できるわけがない。われわれは、自然環境の中で生きている、生かされているという前提で環境問題を考えなければならない。思い上がってしまうと、われわれ人類は自然に滅ぼされてしまう。いかに自然環境と調和を図っていくのかが問われることになる。
現在の生活レベルを下げるわけにはいかないから、厳しいところではあるが、そのためには一にも二にも科学技術の進歩にかかっていると思われる。自然との調和を図るための科学技術の進歩に期待したい。規制すべきところは、どんどん規制すればいい。規制を強めることで、環境に調和する科学技術が生まれてくるはずである。課題があれば、そこを乗り越えようというのが人間の知恵であり、学問はそのためになくてはならないし、ビジネスチャンスも生まれてこようというものだ。前提として、人間は自然の一部だということに変わりはないが。

ページのトップへもどる