樽床伸二 official website

私の主張:日々の気づきや、アイデアなどを政治・経済にかかわらず樽床伸二の考えを綴って参ります。

【緊急対談】vs村井嘉浩(宮城県知事)
「省エネ大国・日本」を目指して!
「格差の拡大」は、国を滅ぼす!
~「働き方改革」から20年後を展望する~
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-36 政権交代と結果責任
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-35 世代交代とは
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-34 保守とは?
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-33 消費税を、「年金・医療税」に!‐Ⅱ
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-32 消費税を、「年金・医療税」に!
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-31 憲法改正は加憲方式で
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-30 地球温暖化問題は、未来への責任
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-29 新時代のエネルギー戦略
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-28 日本経済の構造は激変した‐Ⅲ
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-27 日本経済の構造は激変した‐Ⅱ
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-26 日本経済の構造は激変した
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-25 人口減少社会という新しい時代の中Ⅱ
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-24 人口減少社会という新しい時代の中で
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-23 地域主権型道州制」の実現は、大阪から
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-22 発想の転換Ⅱ
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-21 発想の転換

『21世紀・日本再生論』(2015・12)⑳ ―世代交代と政権交代―

『21世紀・日本再生論』(2015・12)⑳
『この国の未来を創る―過去を乗り越えて―』(平成15年)

―世代交代と政権交代―

“小泉改革”後、自民は崩壊、本格的な政界再編へ

小泉内閣が発足して1ヵ月もたたない一昨年5月、私は若手経営者中心の後援会で次のように話した。
「小泉総理の改革が成功するにせよ、失敗するにせよ、自民党は崩壊し、本格的な政界再編に突入することになる」と。
政治の秩序が大きく変わる、地殻変動を起こすということである。参加者からは
「失敗するのならともかく、成功しても自民党はダメになるのか」
との質問が相次いだ。しかし、過去の歴史の教えることに忠実にしたがえば、それは不思議でもなんでもない自明の理である。
「政治のあり方が、とりわけ主流の体質が“時代の潮流”に合わなくなった時、それを変えなければならないと主張する新しいリーダーが生まれる。彼は平時なら、まずリーダーになれない特質を持っているが、時代が彼をしてリーダーに押し上げる。新しいリーダーが登場した時、彼は大衆の拍手喝采を浴びる」
「彼が敢然として改革を進めていったとしよう。改革は成功する。だがそのリーダーは、一旦改革が成功するやいなや、自らが崩壊させた旧体制とともに、時代の流れの中で討ち死にしてしまう」
「わかりやすい例を挙げると、旧ソ連邦を改革と崩壊に導いたゴルバチョフ元大統領が、その典型である」
「改革を徹底させることは、自らの拠って立つ基盤をも掘り崩すことに他ならない。小泉総理が『自民党をぶっ潰す』と言ったことは、この意味で正しかった。だがその結果、その基盤もろとも、自らも時代とともに消えていくしかないことまで読み通しているのかどうか」
繰り返しになるが、小泉内閣がスタートした直後、支持率がピークを迎えていた時期の私の見通しである。


「時代の終わり」とともに中心人物は消えていく

かつての細川護煕元首相は言った。
「私は“平成の信長”でありたい。新しい時代には、崩壊し、溶解し、創造・建設していく三段階がある。その三つを、一人の人間で行うことはできない。信長、秀吉、家康がそうであったように」
時代が、その人物に課す役割があるということである。明治維新もそうであった。松下村塾を開いた吉田松陰がいて、「明治の三傑」と言われた西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允がいたが、明治という時代が完成するのには伊藤博文まで待つしかなかった。
ここで一つのエピソードを簡単に紹介してみたい。テレビドラマの中の1シーンである。
西南戦争(明治10年)の最中、大久保利通が病に伏している木戸孝允を見舞う場面である。木戸が言う。
「今、西郷は城山で朽ち果てようとしている。そして、私も、病でもうすぐ死ぬ」と。
大久保が答える。
「おれは新生日本の行く末を、しっかりこの目で見てからでないと死ねない」
この後、木戸の言う台詞がいい。
「われわれは時代に生かされ、時代に葬られていくんだ」と。
三人の中で一番若い木戸孝允が病死するのは、西南戦争が終わる前。最年長の西郷隆盛
は城山で自刃。ともに明治10年である。大久保利通は、翌11年、不平士族島田一郎らによって暗殺される。この三人が、ほぼ同時期に亡くなっているのは、単なる偶然の一致といっていいのだろうか。
西郷隆盛は新体制の矛盾をすべてひっかぶって一つの時代を終わらせようとした。木戸
孝允も一つの時代が終わることを予感していた。そうでないと言いきった大久保利通も新しい時代を模索しながら、この世を去っていった。一つの時代が終わるというのは、その中心人物たちが、次の時代を迎える前に消えていくということである。明治の三傑の場合は、それがあまりにもドラマチックだったというだけである。


世代交代―転換期のリーダーは必ず若返る

幕藩体制と戦い、近代国民国家を樹立した明治維新の志士たちは、20~30代であった。また、戦後の焼け野原からの再出発の原動力となったのは、A級戦犯を含めた戦中の旧指導者層が追放された後の若き政治家、経済人であった。
転換期のリーダーは、必ず若返ると言う歴史の真理に気づいたのは、松下政経塾で勉強していた頃のことである。富士製鉄の社長から新日本製鉄の会長を歴任、日本商工会議所の会頭を務められた永野重雄氏の訃報を新聞で知らされたことからである。新聞には『財界の四天王逝く』とあったが、日本を代表する有名な財界人であったから、大きな紙面を割くのは当然であったが、小さな活字を追っていくうちに、目を見張った。なんと永野氏が財界四天王と呼ばれたのは、戦後まもなく、昭和20年代からのことであった。40年以上の長きにわたって、日本の財界に君臨してきたことになるが、それは氏が類稀な財界人だったということもあるだろうが、終戦直後のGHQによるパージがあったからである。日経連会長職にあった桜田武氏もそうだった。40代の若い時から財界の中枢にいて、日本経済を引っ張ってこられた。
当時は、政界、財界問わず指導者層が一斉に追放されたから、基幹産業のトップがいなくなり、いわば課長職にあったような人の中から優秀な人材が選ばれ、ある日突然、いきなり社長になったようなものだったのではないか。だからといって日本経済の復興が遅れたかというと、そんなことはまったくなかった。それは戦後の輝かしい歴史を見れば一目瞭然である。むしろ、かつて経験していない戦後の復興期という時代は、若い指導者だったからこそ成功できたと言える。朝鮮戦争の勃発という追い風もあったが、過去の成功事例にとらわれないことが一番大きな要因であったと私は思う。
おそらく明治維新の時も、かつての指導者層は、地方の藩から出てきた志士たちに何ができるか、いずれまた自分たちの時代が戻ってくると考えていたのではないだろうか。だが、維新の事業は着々と進んでいったことは歴史が証明している。明治維新、戦後の復興期、いずれも数々の人材を得たからこそ難事業を敢行できたのは確かであろうが、もう一つ忘れてはいけないことがある。それは、個々人の意思をも超えた「新しい時代の要請」に彼ら先人たちが応えられたからであり、それはその時代が課したもののであった。「人は時代を創れないが、時代は人を創る」ということである。そして改革を徹底するためには、いかにして過去と決別するかにかかっている。過去の成功事例を身につけていないことが、逆に大きなメリットになる。
転換期には、世代交代が絶対条件になる。そのための世代交代は、過去と決別するためにも若いリーダーでなければならない。政界再編はまだ続き、そろそろ最終局面に入ってきたが、同時に世代交代が行われないと、大きな転換期は乗り越えられない。政権交代、政界再編、世代交代の三つが、今後の日本最大のキーワードである。その実現に向けて、最大限の力を振り絞ってことが、今この時を生き、国政の場にいる者としての未来の責任を果たしていくことであると確信してやまない。

ページのトップへもどる