樽床伸二 official website

私の主張:日々の気づきや、アイデアなどを政治・経済にかかわらず樽床伸二の考えを綴って参ります。

【緊急対談】vs村井嘉浩(宮城県知事)
「省エネ大国・日本」を目指して!
「格差の拡大」は、国を滅ぼす!
~「働き方改革」から20年後を展望する~
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-36 政権交代と結果責任
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-35 世代交代とは
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-34 保守とは?
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-33 消費税を、「年金・医療税」に!‐Ⅱ
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-32 消費税を、「年金・医療税」に!
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-31 憲法改正は加憲方式で
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-30 地球温暖化問題は、未来への責任
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-29 新時代のエネルギー戦略
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-28 日本経済の構造は激変した‐Ⅲ
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-27 日本経済の構造は激変した‐Ⅱ
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-26 日本経済の構造は激変した
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-25 人口減少社会という新しい時代の中Ⅱ
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-24 人口減少社会という新しい時代の中で
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-23 地域主権型道州制」の実現は、大阪から
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-22 発想の転換Ⅱ
『21世紀・日本再生論』(2015・12)-21 発想の転換

『21世紀・日本再生論』(2015・12)-31 憲法改正は加憲方式で

『21世紀・日本再生論』(2015・12)-31

憲法改正は加憲方式で


 国家の基本法である憲法が、今のままでいいとは考えられません。13年前に、私は、「新しい憲法の創造」を主張しました。基本的な思いは、まったく同じですが、今、「加憲」方式が、現実的であると思っています。時代の変化の中で、必要になった項目を追加することである。そうすれば、現行憲法の精神を維持しながら、変化に対応して行けるのではないでしょうか。
 例えば、地域主権の項目を書き加えること。さらに、環境問題についても同じです。また、9条については、第3項を追加することを提案します。

9条 第3項
「わが国は、国家の普遍的権利として自衛権を有する。その行使は、全世界の国民が有する平和のうちに生存する権利を侵すことなく、平和を愛する諸国民の公正と正義に立脚した協和によってのみ行う。」
(憲法前文のキーワードを使わせてもらっている)
これは、稚拙な私案であるが、思いは、「集団的自衛権という神学論争に終止符を打ち」、「他国への侵略を排し国の安全を守る」、ことにあるとご理解いただきたいと思います。当然、専門家のさらなる検討を待つことは言うまでもありません。

ページのトップへもどる